東京こども教育センター教室 会社概要 個人情報保護方針 サイト利用規約 お問い合わせ
HOME > SAEきらら作品コンクール トップ

SAEきらら作品コンクール トップページ

このコンクールは

1982年より、弊社創設者である水野茂一の、「幼児の書く力を正しくとらえ、幼児が感じる心、思っていることを綴った作品を発表する場を設けたい」との思いの下に、朝日新聞社出版局(現在の朝日新聞出版)との共催で、「朝日全国幼児作品コンクール」をスタート致しました。応募された作品には、幼児ならではの視点から日常が描写され、幼児期から書く事の必要性、有用性が、多くの方々に実感されています。その「朝日全国幼児作品コンクール」の流れをくんで、2012年度から新たに、小学3年生(シングルエイジ)までの子どもたちに対象を広げ、始めたコンクールが「SAEきらら作品コンクール」です。 当コンクールは、月刊誌「きららwithSAE」を購読されている方を応募対象として毎年開催しております。

募集要項

■名称 第6回 SAEきらら作品コンクール
■主催 株式会社 東京こども教育センター教室
■審査員
 (敬称略)
明石 要一 (千葉敬愛短期大学学長)
室井 滋 (女優・エッセイスト・絵本作家)
矢野 耕平 (スタジオキャンパス代表)
水野 美保 (東京こども教育センター教室代表)
■各賞 金賞 / 銀賞 / 銅賞 / ハート賞 / 佳作 / ホープ賞
最優秀団体賞 / 特別優秀団体賞 / 優秀団体賞 / 団体賞
■応募のきまり
応募資格 月刊誌『きらら with SAE』を読んでいる、 小学3年生までのお子様なら、どなたでも応募できます。 ※応募には、2017年8月号につく応募券が必要です。
募集作品
幼児: 【自筆部門】絵日記または作文
【代筆部門】“つぶやき”
 ※応募できる点数は自筆・代筆それぞれ1点ずつ、合計2点まで。
小学
1〜3年生:
作文または
 ※応募できる点数は、どちらか1点。
原稿用紙 当コンクール規定の原稿用紙をお使いください。(それ以外の原稿用紙での応募は失格となります) 規定原稿用紙は下記よりダウンロードしてください。
  規定原稿用紙(幼児 絵日記用)
  規定原稿用紙(幼児 作文/つぶやき用)
  規定原稿用紙(小学生 作文/詩用)
作品の長さ 幼児の絵日記・作文・“つぶやき”は、規定原稿用紙1枚以内。
小学生の作文・詩は、規定原稿用紙3枚まで。
その他の
きまり
  • 筆記具は2B程度の鉛筆で。“つぶやき”は、ペン等でもOK。
  • 絵は、クレヨン・クレパス・色鉛筆・水彩絵の具のいずれかで。
  • 作品は未発表でオリジナルのものに限ります。
  • 幼稚園・保育園などの団体からご応募の方は、個人または他団体からの二重応募はできません。
しめきり 2017年9月20日(水) PM6:00まで   ※コンクール事務局必着です。
■作品審査 2017年10月下旬に1次審査を行います。入選された方のうち幼児自筆部門の金賞候補者は、11月上旬に、最終審査を行います(金賞候補者へは直接ご通知致します)。
■結果発表 2017年12月に、ホームページ上で、入賞者氏名を発表するとともに、入賞された方へ(団体応募の場合は、応募団体様へ)は、賞状・記念品をお送り致します。 また、入賞作品の中から優れた作品を、月刊誌『きらら with SAE』に順次掲載していきます。
■個人情報の取り扱いについて 応募者からの個人情報は、当コンクールに関する連絡・発表・通知・発送、その他、主催者からの各種連絡・案内のために使用させていただきます。また、その目的のために関連会社等へ業務委託をする場合がございます。応募者ご本人の個人情報については、法令に基づき、いつでも開示・訂正・削除できます。その際は下記事務局までご連絡下さい。
■応募作品の版権について 応募された作品の版権は、当コンクール事務局に帰属するものとし、一切ご返却できません。また、作品に関するお問い合わせもできませんので、予めご了承下さい。(必要な場合は、コピー等をしておいて下さい)

コンクールについてのお問い合わせは

コンクールマーク
SAEきらら作品コンクール事務局
 (担当:渡辺)
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2−17−4 菊月ビル3階   tel.03-3209-2354 / fax.03-3207-4827
Copyright © 東京こども教育センター教室 2017 All Rights Reserved.