東京こども教育センター教室 会社概要 個人情報保護方針 サイト利用規約 お問い合わせ
HOME > シングルエイジ教育研究会(SAE)トップ > セミナー・研修会情報 > セミナー・研修会詳細

シングルエイジ教育研究会 セミナー・研修会詳細

2014 SAE新人教育セミナー
      〜厳選された5つのプログラムで、保育士としての基礎基本を身につける!〜

当セミナーは終了しました。
当セミナー実施報告へ
【日時】 2014年4月2日(水)  10:00〜16:30(9:45より受付)
【会場】 きゅりあん 6階中会議室(東京都品川区 大井町駅前)
【講師】 講師:SAE会長 水野美保先生
SAE主任研究員 斉藤孝子先生
【参加人数】 14名
【実施報告】

10:00〜11:30 プログラム@ 「社会人としての最低限スキル16」

社会人として、帰属意識を高めることの重要性を学ぶ講座でした。マナー研修では、園で想定される保護者からの電話に対し、どのように受け答えをしていったらよいかのロールプレイをしました。的確にメモを取る難しさに戸惑う先生もいらっしゃいました。

 

11:40〜12:30 プログラムA 「文字指導のコツ」

子ども達によく見られる直すべき字形を抽出し、どのような手順で指導していくことが大切かを学んだ講座でした。
文字の細部に対するポイントの後は、指導法のバリエーションを学びました。ペットボトルの蓋に指を当て、「の」の文字をかく練習は、すぐ実践できる楽しい活動となりました。

セミナースナップ セミナースナップ

 

13:30〜14:45 プログラムB 「絵画指導の基礎・基本を伝授」

画材の特性を知り、それらの画材を生かした「塗り方」の基本を学ぶ講座でした。塗る方向、濃淡を考えながら塗ることで、絵に深みが加わっていくことを実感した活動となりました。

「空」「木」「池」それぞれの塗り方を考え、実践した先生方の作品をご覧ください。
セミナースナップ セミナースナップ
セミナースナップ セミナースナップ
最後には、線描の基礎を学んだ後、「ありの巣」を描いていきました。

 

14:50〜15:20 プログラムC 「SOS! どのクラスでも起こる問題解決法」

けんかで手をだした子どもに対する解決法の具体例を詳しく学んだ講座でした。子どもたちに対し、理屈だけではなく、心をもって、本気で向き合うことの大切さを学びました。最後に、教室内がうるさい、先生の話を聞かない時には、子どもの気持ちを切り替える手段を考えることがよいと示した上で、子どもが先生の方を向きたくなる必殺方法を、参加者全員で実践しました。

下記の写真がその時の状況です。

セミナースナップ セミナースナップ

 

15:25〜16:30 プログラムD「子ども・保護者との接し方」

最後の講座は、子どものつぶやきを紹介しながら、「幼児を知ること」から始まりました。 例え、先生がミスをしても、一生懸命にやっていれば、その姿をしっかりと見ていて、絶対に先生を見捨てず声をかけるのが幼児のやさしさ、という言葉が印象的でした。

今回の絵画内容は顔描きでご案内しておりましたが、画材の使い方などの基礎基本に変更いたしました。

 

Copyright © 東京こども教育センター教室 2016 All Rights Reserved.