東京こども教育センター教室
東京こども教育センター教室メイン画像
東京こども教育センター教室メイン画像

10秒の泣き笑い ノックアウト科

生きている意味  (くるみ5歳)新着

我が家は4人の子宝に恵まれ、毎日賑やかな日々を送っています。賑やかな明るい日もあれば、それぞれテンションの低い日もあり、喧嘩あり笑いあり、母親である私は、どんな日でも皆が集まり、傍に居ることが一番の幸せだなぁと感じています。
先日、長女(高校3年生)との何気ない会話の中で、
長女 「人って何のために生きてるん?って思うときない?」
母 「あるある!いくら頑張ってもうまくいかない時や、先が全く見えず不安な時!ママも人生で何度も、自分が何のために生きてるんやろう…と考えてしまうことあるよ。」

傍で聞いていたんでしょうね。一番末の娘、くるみが、
末娘 「人はな、誰かを助けるために生きてるんやで。」
私も長女も、驚きと同時に、一瞬で心が温かくなり、何十年も生きていて、明確な答えが見つからなかった歯がゆさも消えてしまいました。
なるほど!生きるって誰かを助けるためなのね。人はみな、環境や立場、それぞれ生きることへの思いは違うと思うけれど、私たち家族にとって大切な言葉として、深く心に刻み込まれました。
「雨にも負けず」や「二度とない人生だから」を朗読させていただいている末娘が通う幼稚園教育に、日々感謝しております。
(2018/11/12掲載)
わずか5年しか生きていないくるみちゃんが、即座に答えた「生きる意味」。自分だったら何と言うのか、思わず考えてしまいます。

信号の大切さ  (つむぎ4歳)

子 「ママ、信号ってどうしてあるの?」
と、幼稚園からの帰りの車内で、息子が私に聞いてきた。
母 「みんなが、自分勝手に走ったら危ないでしょう?だから信号に従って、運転してるの。」
と答えると、
子 「じゃあ僕たちは、信号に守られているんだね。」
日頃、時間ばかり気にして、早く青にならないかなと急ぐ私でしたが、息子の一言で、この信号に守られているし、歩行者を守らなきゃと心を入れ替える瞬間でした。
(2018/11/5掲載)
赤信号を見れば、「早く青になれ」としか思わないのが大人。「信号に守られている」という発想になるのは、幼児だけかもしれませんね。

まだ3歳  (まさみち3歳)

何度も同じことで叱っていた。
母 「まさみちは、お母さんのこと嫌いだから、言うこと聞いてくれないの?」
子 「お母さん、やさしいから好き。」
母 「……」

(毎日叱ってばかりで、優しいとはほど遠いのに)
子 「僕ね、まだ3才だからわからない。難しい。もうすぐ4才になるけん。わかるけん。ごめんね。」
母 「……」

私は、言葉を失いました。少々のいたずらに目くじら立てていた自分が恥ずかしくなりました。
(2018/10/29掲載)
本当に、なんと健気なんでしょう。「4才になったらわかるから、もう少し待って!」。こんな風に言われたら、何も言えなくなりますね。

病気さえ治れば  (りょうへい6歳)

父親が、病気で10日間入院しました。
母 「入院してたら、髪の毛がくさくなっちゃったね。」
父 「なかなか洗えないからな。」
母 「体も毎日拭いてるけど、すぐ、汗臭くなっちゃうね。」

隣で黙って聞いていた息子が、泣きそうな顔で一言。
子 「お父さんが一生懸命、病気を治しているのに失礼だよ。僕は、病気が早く治れば、それでいいんだよ。」
子供ながらに心配していたんだね。
優しく育ってくれて、嬉しくなりました。
(2018/10/22掲載)
りょうへい君が言う通り、「病気が早く直ればそれだけでいい」ですよね。 「お父さんに失礼だ」という言い方にはびっくりしました。

星の願い  (あらた6歳)

ある時、突然子供が言いました。
子 「ぼく、また生まれてくる時、ママの所がいいなあ。どうしたらなれると?」
私は、ちょっといじわるして、
母 「そーね。中学生になっても覚えてたらなれるよ。」
子 「ほんと?じゃあぼく、忘れないように毎日星にお願いするね。」

私は、このまま時が止まってくれたらいいのになあと思いました。そしてまた、
子 「ママ、生んでくれてありがとね。」
と言ったのを聞き、私は自分の親にこんな素晴らしい言葉を言ったことがあるだろうかと思いました。
今度言ってみようかな。
どんな顔するかな。
私みたいに、ギュッと抱きしめてくれるかな。
(2018/10/15掲載)
自分の母親に、「生んでくれてありがとう」と言ったことがある人は、どのくらいいるのでしょう。この言葉を聞けたお母さんは、幸せ者ですね。
ノックアウト科 過去の作品はこちら
Copyright © 東京こども教育センター教室 2018 All Rights Reserved.