東京こども教育センター教室
東京こども教育センター教室メイン画像
東京こども教育センター教室メイン画像

10秒の泣き笑い ママが一番!科

大好き  (みさき6歳) 新着

ある日、すぐ上のお兄ちゃんとケンカを始めたみいちゃん。側で見ていると、あきらかにみいちゃんが悪いので、叱ると、目にいっぱい涙をためて「ごめんなさい。」と反省。
しばらくして、
娘 「先生は、怒ると角が2本だけど、お母さんは3本あるからこわい。でもね、先生は皆の先生だけど、お母さんは、みいちゃんだけのお母さんだから、みいちゃんはお母さんが大好き。」
それを聞いて、思わず叱っていたのも忘れ、娘をギュッて抱きしめていました。
(2019/7/16掲載)
角が何本あっても、どんなに叱られても、やっぱりママは大好きなんですね。他の人とママとは、「好き」のランクが違うように感じます。

サービス  (たえか4歳)

仕事から帰ってきた私を見て、
娘 「おかあさんお帰りなさい。」
私 「ただいま。」
娘 「おかあさん、こっち来て。」

そう言うと、妹の昼寝布団をしくと、
娘 「ここに寝て。」
笑顔で私の手をとり、うつぶせに寝かせ、
娘 「妙ちゃんとしずちゃんの為にお仕事ありがとう。疲れるでしょ。マッサージするからね。」
一生懸命に足をもんでいる姿を喜んでいると、
娘 「これサービスです。」
と『おかあさんだいすき』と書かれた手紙を渡され、泣いてしまいました。
(2019/7/8掲載)
泣くしかないですね。やさしい言葉がけとマッサージだけでも嬉しいのに、「おかあさんだいすき」の手紙で、ストレスも疲れも全部吹き飛んだことでしょう。

ママはやさしいね  (あおい6歳)

ある日、二年程前に撮ったビデオを見ていると、病気で亡くなったママに、「おかたづけしなさい」と言われ「いやだ!」と反抗する娘が映っていました。ママもことを叩く自分の姿に、
娘 「葵桜が叩いたからママはお空にいっちゃたのかなぁ。」
と悲しい顔の娘。病気のせいなのは理解しているはずだから、悪いことをしたなと少し反省したのかな?
翌朝、起きてすぐ、
娘 「ねえパパ!ママの夢を見たよ!ママとおえかきした夢。すごくやさしくしてくれたから、うれしかったよ!」
と楽しそうに教えてくれました。
またママと夢で会えたらいいね。
(2019/7/1掲載)
ママと楽しくおえがきできてよかったね、あおいちゃん。
でも、何だか涙が出てしまうつぶやきです。

ふたりの大事な時間  (りんたろう4歳)

病弱な妹にかかりっきりの私を気づかって、ひとりで何でもやるようになった息子。妹が早く寝付いた夜、たくさんの本を抱えて私のそばにやってきた。
息子 「ママ、ご本読んで。」
母 「一冊だけよ。」

と答えると、
息子 「だめ、全部読んで。だって里音ちゃん寝ちゃったから、ママと凛君のふたりの大事な時間でしょ。」 と甘えた声で抱きついてきた。
いつも『ママは里音ちゃんの面倒で大変だから、ひとりで大丈夫!』と強がって口にしていても、本当は甘えん坊で、ずっと我慢をしていた優しいお兄ちゃん。ありがとう。これからも『ふたりの大事な時間』は、思いっきり甘えていいんだよ。
その日は、眠るまでたくさん本を読んで、息子が生まれた日の話をしてあげました。
(2019/6/24掲載)
みんな、ママを独占したいんですよね。4歳なのに、普段は我慢しているりんたろう君。やさしいお兄ちゃんです。そして、ママもやさしいな。

ママと手をつなごう  (しゅうすけ3歳)

ある日のこと、息子と二人で買い物に出かけると、急に、
息子 「ママ、手をつなごう。」
私 「いいよ。」

と手を差し出すと、ニコニコした顔で、
息子 「ママ、ありがとう。」
と一言。息子のありがとうの言葉に、
私 「どうしたの?」
と聞くと、
息子 「いつもお姉ちゃんとお手手つないでるもん。今日はママとだよ。うれしいの。だから、ありがとうなんだ。」
と言いました。息子の言葉に、心が打たれました。いつもごめんね。
(2019/6/17掲載)
手をつなぐだけで、「ありがとう」なんて言ってくれるのは、ママを慕っている時期の、わが子だけではないでしょうか。本当に、「ママ大好き!」なんですね。
ママが一番!科 過去の作品はこちら
© 2018 株式会社東京こども教育センター教室