東京こども教育センター教室
東京こども教育センター教室メイン画像
東京こども教育センター教室メイン画像

10秒の泣き笑い 仲裁科

電池切れ  (あおい5歳)

パパに話しかけても、テレビに夢中…。それに私がイラッとしてキッチンへ。娘がそれに気付き、
娘 「パパ、ママが話してたよ。」
パパが何度謝っても無視していると、娘が私の所へ。
娘 「ツンツン、もしもし。」
(私、無反応…)。すると、
娘 「パパ、ダメだわ。ママ、電池切れてる。」
私もパパも、吹き出してしまいました。
(2018/9/25掲載)
こんなかわいい一言で、夫婦喧嘩も解消されるんですね。あおいちゃんの一言で、ママ、充電できたみたいですね。

けんかはしない  (しゅう4歳)

夜、子ども達を寝かせていると、お父さんが帰ってきて、何か大声で怒っている様子。それを聞いて、
母 「まったくお父さんは、何を怒ってるんだろう。嫌んなっちゃうなぁ。」
子どもには聞こえないように言ったつもりでしたが、
子 「お母さん。けんかは しない。けんかは しない。」
布団の中でそう言うと、そのまま眠ってしまいました。
私は、思いもかけない言葉に、黙ってしまいました。息子と2つ年上の娘がよくけんかをするので、私が事あるごとに言っていることです。
このところ、少しぶつかり気味の私たち夫婦に、言い聞かせるように、息子の口から出てきました。
両親がけんかをする姿は、子どもにとって、どんなに嫌なものだったか……。
こんな小さな子どもに気をつかわせてしまったのかと、考えさせられる思いでした。
(2018/9/18掲載)
何も言わなくても、大好きなパパとママの言動にはアンテナを張り巡らせ、その様子を見、その言葉に耳を傾けているのが幼児です。

お父さんお願い  (ゆうじ5歳 )

父親が仕事で朝早くから夜遅くまでいないため、『仕事母子家庭』の毎日が続いていました。三人の子供(5歳・2歳・0歳)の育児に疲れている私を見ては、父親の携帯に電話して、
子 「お父さん、お母さんがイライラしているから、早く帰ってきてあげて。」
と私の代わりに頼んでいました。
ある日、下の子の病院通いで私のイライラも頂点に達してしまい、息子にその感情をぶつけてしまった日、やはり父親に電話して、
子 「お父さん、今日は帰ったらお母さんに、『遅くなってごめんなさい。』って謝ってね。」
と話していました。親から感情をぶつけられてもなお、母を気遣う子を見て反省させられました。
(2018/9/10掲載)
何とも具体的なアドバイスですね。この日、パパは、アドバイスに従って、謝ったのかなあ。ちょっと気になります。しかし、ゆうじ君、ママ思いで優しいなあ。

ぎゅー  (あみ3歳)

私と娘が寝室に行く前に、
娘 「パパー。ぎゅーしてー。」
主人と娘は、嬉しそうに抱き合っています。これは、毎日の習慣になっています。この日は初めて、
娘 「ママも、ぎゅーしてもらったら?」
母 「いいよ。(断る)」
娘 「なつみがママをぎゅーしてあげるよ。」

私と娘が抱き合っていると、それに主人も加わり、三人で抱き合いました。実は、前日から私と主人は、些細なことで喧嘩をしていました。私たちは、娘の前ではふつうに振舞っていたつもりでしたが、娘にはお見通しだったのでしょう。一気に仲直りできた出来事でした。
(2018/9/3掲載)
夫婦喧嘩は、お互い意地を張ると解決が長引きますが、あみちゃんの「ぎゅー」で、心が解凍したのでしょうか。本当に「子は鎹」ですね。

妹のおせわ  (かなで5歳)

私 「早くご飯を食べなさい!」
奏の妹が朝ごはんをなかなか食べないので、私はしびれを切らして大きな声を出してしまいます。
奏 「そんな言い方をしても食べてくれないよ。」
確かに……と思っていると、奏はやさしく妹に、
奏 「お母さんはね、いじわるで言っているんじゃないからね。はなちゃんが病気にならないように、しっかり食べようねって、言ってるんだからね。だいじょうぶ。」
と。その言葉を聞いた妹は大きく頷き、自分で食べ始めました。
もっと気持ちにゆとりを持たなきゃなぁと、日頃の自分を振り返りました。
(2018/8/27掲載)
5歳にして、すでに子育てのポイントが分かっているようですね。高圧的な言い方は、幼児の心を閉ざすだけだということを、大人は心に刻まないといけません。
仲裁科 過去の作品はこちら
Copyright © 東京こども教育センター教室 2018 All Rights Reserved.